事務手数料も違約金もなし!?好きな時に好きな分だけネットを使うなら「ポケットwifiレンタル」がお得

事務手数料も違約金もなし!?好きな時に好きな分だけネットを使うなら「ポケットwifiレンタル」がお得

「スマホやネットがなければ快適な暮らしが送れない!」、そのように感じている方も案外多いのではないでしょうか。
朝起きてすぐにLINEアプリを確認する習慣があるという方や、仕事をしている方の中には一日の始まりはメールチェックから、ということもあるでしょう。
このように毎日のようにネットを多用する方にとって、どうしても気になるのがインターネットの「通信速度」や一カ月に使える「データ通信量」などです。
快適にネットを使いたいと思っていても、使い過ぎに注意しないと携帯電話キャリアと契約しているデータ通信量にすぐ達してしまいますし、
それにより通信速度に制限がかかってしまい検索に時間がかかってしまう、動画を上手く読み込めないという問題が発生します。
そのため、「毎月の通信量や通信速度に悩まされている」、「とくに月末になると徐々にストレスが溜まっていく」という方には、
ぜひ「ポケットwifi」のご利用をおすすめします。
ポケットwifiであれば、いつでも好きな時に好きな分だけネットを使うことができますし、
何より事務手数料や違約金をかけずにインターネット回線を使えるようになります。
そこで今回は、はじめてポケットwifiを利用しようかと検討中の方に向けて「ポケットwifi選びのポイント」について解説します。
 
 

より快適に使うために覚えておきたい「ポケットwifi選びのポイント」

ポケットwifiといっても、その種類はポケットwifi端末本体の違い、ポケットwifi専門のレンタル業者、ネット通信のプロバイダなどの違いによって、
使い方やプランが異なります。
そのため、はじめてポケットwifiをレンタルをする時により快適に使えるようにするためにも、事前に「ポケットwifi選びのポイント」を押さえておくと安心です。
 
《ポイント1》通信エリアの広さを確認しよう
日本国内でポケットwifiを利用する場合には、「通信エリア」をよく確認してから選ぶことが基本です。
2018年3月現在、ポケットwifi回線を所有し、サービスを提供している会社は「docomo」、「au」、「SoftBank」、「Y!mobile(ワイモバイル)」、
「UQ WiMAX(UQコミュニケーションズ)」です。そして、これら5つの会社はそれぞれ回線の違いがあります。
例えば、docomo、au、SoftBank、Y!mobileは LTE/4G系回線を所有しています。一方、UQ WiMAXの場合はWiMAX回線を所有しています。
どの回線を使ってもポケットwifiの端末があれば無線でネット通信を行うことができますが、
ポケットwifiレンタルを利用するうえで絶対に確認しておきたいのが「通信エリア」に関することです。
いくらデータ容量が多くても「訪れた場所でまったくネットがつながらない」、「使えない」となれば意味がありません。
そのため、どの通信キャリアを選ぶかによって通信エリアが大きく異なってくるため、
ポケットwifiをレンタルする前には一番先にこの点をよく確認しておく必要があります。
利用する通信キャリアによって通信できるエリアの範囲が異なることから、場合によっては通信できないエリアが存在します。
そのため、ポケットwifiを利用する場所や行先の地域が対応エリアになっているかどうかを事前に知ることが大切です。
ポケットwifiの回線を所有している会社では、サービスエリアを細かく公表しています。
これらの情報をもとに、「ご自宅のある場所や出張先、よく出かける場所が含まれているか」、
あるいは「どのくらいの高速通信に対応しているか」などを比較検討しながらポケットwifi選びをします。
 

ポイント1・まとめ

・ポケットwifi選びの最初は通信エリアを確認すること!
・通信エリアは通信キャリアによって異なる!
・多用する場所や行先ごとに通信可能エリアかどうかをチェック!
・各通信キャリアが公表している通信可能エリアを確認!


pocket wifi ญี่ปุ่น
pocket wifi japan
เช่า  wifi ญี่ปุ่น
sim ญี่ปุ่น
sim japan