事務手数料も違約金もなし!?好きな時に好きな分だけネットを使うなら「ポケットwifiレンタル」がお得

《ポイント4》高速通信はできる?通信速度を参考にしよう

2018年03月26日 14時24分

はじめてポケットwifiをレンタルされる方が料金のほかに注目しそうなところいえば、それは「通信速度」に関することです。
そして、ポケットwifi選びを前に、先にお伝えしたいのが「通信速度は参考程度に確認する」ということです。
動画を視聴する方やオンラインゲームをよくされる方にとって通信速度の速さは重要なポイントですが、
この通信速度は必ずしも安定しているわけではなく、ポケットwifiを使う場所によって「こっちは速いけど、あっちでは遅い・・・」といったことがあり得ます。
そのため、安定したインターネット回線を利用するためには「ポケット1」でご紹介したように、先ずは通信エリアを確認して、
確実にネットが使える環境を整えることが重要です。
ポケットwifiの通信速度を見ていると、「下り最大」、「上り最大」という文字がよく目に入ります。
LTE/4G系回線とWiMAX回線それぞれに最大速度が表示されていますが、これはあくまでも理論値であることから、
必ずしも表示された速度が出るわけではありません。

このように、通信速度に関しては使用するポケットwifiの端末や、wifiを利用する場所などによって大きく異なります。
さて、話は変わりますが、「そもそも下り最大や上り最大ってどういう意味?」と気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
せっかくなので、この機会にこれらの意味をしっかり押さえておきましょう。
「下り」とは、簡単にいうとホームページなどを閲覧するときや、動画や画像などをダウンロードするときの速度のことを指します。
一方、「上り」とはファイルをアップロードするときやメールを送信するなど、データを送るときの速度を指します。
下りや上りといった通信速度に関しては、どの通信キャリアでそれほど大差はありません。
そのため、快適にインターネットを使おうと思ったときに通信速度をそれほど気にする必要はなく、基本的には高速通信を行える通信エリアの広さや、
データ容量を比較検討してポケットwifi選びをしたほうが結果的に快適なネット環境を整えることができるでしょう。
また、通信速度に関連したことで少し注意したいのが「通信回線の安定性」に関することです。
通信速度に関しては各通信キャリアで大差がないことから、いつでも安定してネットを使えることを重視したほうが良いでしょう。
通信回線は、ネットを使用する場所や環境、混雑状況などによって変化するため、事前に安定性を確保することは難しくなります。
そのため、数日間試しに使ってみて、通信回線の安定性を確認することも大切なポイントです。
 

ポイント4・まとめ

・通信速度は参考程度に確認するくらいでOK!
・LTE/4G系回線とWiMAX回線は通信速度に大差なし!
・通信速度よりも通信回線の安定性を確保するべき!
・何度か使ってみて、安定性の高いポケットwifiを選択する!


 

《おまけ》ポケットwifiの端末選びにもこだわる・・・

いかがでしたでしょうか。
ここまでは、ポケットwifiレンタルをするときの選び方のポイントに関して、特に大事になることを4つご紹介しました。
そして最後に、おまけポイントとして「ポケットwifiの端末選びに関するポイント」をご紹介します。
ポケットwifiレンタルの専門店では、様々なポケットwifi端末から好きな機種を選択することができます。
新しい機種ほどスペックが高くなっていたり、使える機能が増えていたりと魅力的なポイントがあります。
とはいえ、ここ数年のうちに発売された旧モデルであったとしても、その性能は高く、
さらには旧モデルであることから新製品よりも比較的安く利用できるといったメリットがあります。
そのため、ポケットwifiの端末選びをするときには「連続接続時間」や「端末の重量」、「サイズの大きさ」などを参考に、
使い勝手のいいポケットwifi端末を選ぶことが重要なポイントになります。